バナー

  • ベランダのクワガタ バナー

« 3本目菌糸準備 | メイン | 4メスボトル交換 1匹早期羽化・・・ »

2015年11月22日 (日)

冬モードへ そして、今年も早期羽化居ました

 

さて、前回の記事でも書きましたとおり

我が家の幼虫は冬モードへ移行です。

とは言え、キャパシティの都合上、一部にとどまりますが・・・

普段は屋内下駄箱内常温での飼育です。

→11月22日10:00現在 22度程度。

マンションなので外気に左右されにくく、一日を通じて大体同じ温度です。

7匹分だけ 屋外の物置内の発砲ケースへ移動。

151122_101901

151122_101902

→11月22日10:00現在 16~17度程度。

発泡ケースの中とは言え、外気温に連動することでしょう。

12月になると、夜は10~12度程度まで下がるかもしれません。

3本目交換に向けて、3~4週間は冬を体感してもらおうとの試みです。

そんな感じで、ボトルを確認していたら、

羽化しているボトルを発見しました。

838-540-07:8月12日 14g

⇒11月21日羽化確認:51mm

既に体は固まっていますので羽化後1か月は経過してそうです。

来期の種親候補として、55mmの大型メスを保有しているのですが、

それを押しのけて、種親第一候補とすることにしました。

コメント

こんにちは、hamashinさん。
順調な飼育状況のようで。
早期羽化で51mmはすごいですねえ。
早期羽化は、結構いい成績出す話聞きますので
楽しみふえますね。こちら早期羽化と言っても
使うのにためらう程の小ささしか経験ありません。
温度の工夫も参考にさせて頂きながら、春の羽化ニュース楽しみにお待ちしております。

NASAkata2645です。
hamashin様こんばんは。

>⇒11月21日羽化確認:51mm
>既に体は固まっていますので羽化後1か月は経過してそうです。
来年の5月には交配可能ですね。楽しみですね。

こちらの種虫の半分は冬眠モードに入ったようです。
来年度は繁殖に成功するといいのですが…
試験購入した阿古谷から生まれたカラードアイもいるので,楽しみです。
不安でもありますが…

幼虫の方は報告するまでの結果が出ていないので,羽化したら
ということで。

今年は引っ張りますね。
菌糸ボトルの状態が良く
居食いだと期待出来そう。^ ^
ベランダ?へ移動しキノコ発生が
不安要素?
水分を奪われると暴れるように
感じています。

Kさん、こんばんは。
おっしゃる通り、早期羽化は巷での評判が良いのと、今年の我が家の種親メスも早期羽化で、たくさん産卵してくれたという実績からも期待できると思っています。
あとは、オス親が今一つなのが・・・・

NASAkata2645さん、こんばんは。
来春に向けて親たちは冬眠モードですね。
来春はたくさん産卵してくれると良いですね。

チョネさん、こんばんは。
いつもは3本目を4~5か月引っ張ることもあった一方、
2本目から3本目交換時に、
「まだまだ引っ張れそうだなー」
と菌糸ボトルの状態を見て思っていました。
だもんで、2本目を少し引っ張って、3本目期間を短くした次第です。
屋外保管の幼虫が居る菌糸ボトルは、
一気に気温が下がるのでキノコの生える暇もない!と信じていますが・・さてさて。

早期羽化個体を使うのですね♪
我が家は3本目の交換を控えている個体が沢山居ます(^_^)
あとは交換する時間を作るだけです(^^)v
僕のフユノ耐寒は2月半ばですね~
あっ!僕もblog始めました。ウッスーイ内容ですが良かったら見てください。クワバカのりYahoo!blogです(^-^)

クワバカさん、お久しぶりです。
おぉ、ブログ始められたのですね。
早速お邪魔させていただきます。

コメントを投稿