バナー

  • ベランダのクワガタ バナー

« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月23日 (日)

11対3

11対3 ・・・ これは 阪神対巨人の野球のスコアではないんです(笑)

今年のブリードは1ラインのみ。ヤブリンさんとのコラボです。

産まれた幼虫は折半し、我が家での飼育分は14匹です。

2週間ほど前に交換を開始し、今般その14匹のボトル交換を終えました。

前回記事にした後、ドルビーさんへ菌床を買いに走り即日詰め詰めを行っておりました。

よって、オス用ボトルも準備済!!

満を持して、交換した結果は以下のとおり。

838-540-02: 28g ♂

838-540-04: 12g ♀

838-540-07: 14g ♀

838-540-10: 31g ♂

838-540-13: 26g ♂

838-540-14: 26g ♂

予想していた通り、残りのボトルもオスが優勢でした。

結果、 オス11匹:メス3匹という驚きの結果となりました。

ある意味、「ブリードを楽しめる展開」となりました。

やはり、オスが多いほうが楽しみが増えますからねー。

しかも、1本目で30gオーバーが4匹と、

2本目交換時としては、願ってもない展開となりました。

それにしても、我が家は毎年オスの数が優勢気味です。

これは、ブリード時期(4月に産卵セットを組んでいる)が関係しているのか

ブリード時の温度(下駄箱でピタリ適温君により温度調整している)

に起因するものなのでしょうか?

2015年8月22日 (土)

久々のオフ会

ただいま、帰宅中です。
久々にオフ会に参加しました。
先ほどまで、ご機嫌で飲んでましたので、誤字脱字ご容赦ください。
出席者は、ヤブリンさん、フーミンさん、大地のオオクワさん、クワバカさん、私の5名。
二次会含め、4時間の楽しいひとときでした。
皆さんきっちりト温度管理なさっておられる方で(当たり前か)ちゃんと飼育スペースをお持ちの方です。(これも当たり前…)
やはり対面だと、色々と濃い話が聞けますね~。
興味津々の話題を聞くことができました。
みなさん今日はありがとうございました。
また楽しい時間をよろしくお願いいたします。
尚、32g幼虫は、我が家で羽化したいと幼虫が言ってました。

2015年8月 8日 (土)

誤算 誤算

5月初旬に、今期の飼育幼虫たちを1本目ボトルに投入して

3カ月が経過しました。

我が家で生まれた仔は14匹。

巷ではオス:メス比では4;6とも3;7とも言われておりますので、

オスボトルに不足が生じないよう、

オス用(大ボトル6本)、メス用(小ボトル6本)、兼用(900cc 1本)を

作っていました。

今期2本目は銚子オオさんのHS(自詰め)です。

ガンガンに日が差すベランダで、日陰を選び2本目へのボトル交換を開始しました。

食痕の大きいものを選んで、順に交換です。

・838-540-05: 26g ♂

1本目としてはそこそこのサイズです。次々に交換。

・838-540-11: 23g ♂

・838-540-03: 26g ♂

・838-540-06: 27g ♂

いずれもオス。

ボトル過不足を見極めないといけないから、

今度は食痕が少ないボトルを選んで交換。

・838-540-12: 30g ♂

メスボトルのつもりが、何と30gの大台オス。

次のボトル。

・838-540-01: 15g ♀ 

ようやくメスが出てくれました。それでも大きいメス!

次も食痕の少ない、メスっぽいのを選んで・・・

150808_085801

 おわっ 竪穴式の居食いだ。でかい。

・838-540-08: 32g ♂

・838-540-09: 32g ♂

うれしい悲鳴の、大台2連発。

でもって、オス用ボトルが足りなくなって

最後に割り出した仔は900cc(底面は大ボトルと同じ面積、高さがない)

に投入せざるを得なくなってしまいました(悲)

我が家で産卵した仔14匹中 8匹を交換して、うち7匹がオス。

残る6本のボトルのうち3本は食痕の大きさや、ボトル越しに見える体躯から

「絶対オス、、っぽい」し

最後の3本も

「居食いしていればオスってことも十分にある」

感じです。

オス用ボトルを急遽追加調達せねばならなくなりました。

さてさて、HSにするか、地場のPITを買いに走るか・・・