バナー

  • ベランダのクワガタ バナー

2016年5月22日 (日)

35g幼虫の羽化の行方は

気温も30度を超える日があり、もう夏といってもいいでしょう。

出勤時も上着は不要なくらいです。

さて、最後の最後まで蛹を続けた35g幼虫ですが

ようやく羽化したようなので、先日掘り出しました。

その結果は、、、

、、、、、

、、、、、

残念ーーーーーー

羽化不全でしたー orz

これにて、2015年度 全頭 羽化終了です。

83.5mmという記録が残せたので良し!です。

今期の幼虫飼育はお休みで、

ワンコとベランダ菜園をやっていきます。

2016年4月17日 (日)

2015年度群 羽化も大詰め 

今日は、風が強い日でした。

朝から暴風警報が発令されたほどでした。

そんな中、

すでにボトルから取り出していた成虫の計測

羽化しながらも、まだボトル居た成虫の取出し、

と、久々のクワ三昧です。

オスは、自己記録がでました。

82mm越えが2匹。1匹は、ささやかな目標であった82.8mmを越えてきました。

838-540-08:12月19日=32g→3月25日=羽化確認 82.5mm

160417_540_08 
838-540-10:12月20日=31g→4月16日=羽化確認 83.5mm

160417_540_10_2 

 まだ、35gあった幼虫が現在蛹なので、さらなる記録も期待できますが、

とりあえず満足です。

以下内容は締め切りました。(4月19日22:25分追記)

続いて、緊急募集です。

今年度向けに、1ペアのみをペアリングしておりました。

♂ 853-523-03:2015年4月羽化   =81.5mm

(親=85.3mm×52.3mm)

♀ 838-540-07:2015年11月早期羽化 =51mm

(親=83.8mm×54.0mm)

すでにペアリングも済んで、メスは産卵場所を探してうろうろしている様子。

しかしながら、今年はブリードを見送ろうかなーと思っております。

つきましては、本ペアの里親を引き受けていただき、

産卵させて、育てても良いよー。という人を募集します。

★★★★★★要綱は以下のとおり★★★★★★

◎複数応募があった際の対応・・・・知人優先です。(プレ企画ではないのでご了承ください)

知人が複数いらっしゃた場合や、初見の方が複数いらっしゃった場合は抽選とします。

(締切は定めません。次週末時点ごろ応募があれば勝手に締切ます。ご了承ください)

◎引き取っていただく条件・・・・ 受け取り日時をこだわらない方

→当方からの発送は休日になるかと思います。 気長に待てる方。発送の調整がきく方。

◎生き物なのでうまくいかなくても平気なかた。

→輸送時や産卵時などいろいろとうまくいかなくても笑って許せる方。

◎名乗り出ていただく方法・・・・以下のメールアドレス宛に、

 ・あなたのニックネーム ・本名(姓だけで結構です) ・お住まいの地域

を記載の上メールをください。

◎連絡先メールアドレス=veranda@iris.eonet.ne.jp

※アドレス中のアットマーク(@) はスパムメール防止のため、全角で表記しております。

半角に変換の上メール送信ください。

毎日メールチェックしているわけではないので、レスポンス遅くなるかもです。

★★★★★★

以上 よろしくです。

2016年3月21日 (月)

羽化 次々

暑さ寒さも彼岸まで

とはよく言ったもので、彼岸あたりから

いよいよ本格的な春到来を感じます。

我が家のクワも続々と羽化し始めました。

838-540-06:12月12日=25g→3月12日=羽化78mm
845- 51-01:12月06日=13g→3月12日=羽化51mm
845- 51-03:12月06日=14g→3月21日=羽化53mm

平凡な記録ですが、メスは1匹いいのがでました。

期待のオスたちの羽化はこれからなので、4月で吉報がきますかどうか。

2016年2月21日 (日)

久々の更新

前回記事アップが12月20日でしたので

2か月ぶりの更新となります。

こんなに間隔があいているのに、懲りずに訪問していただき

この記事を読んでいただいている方、ありがとうございます。

備忘録的なブログですので更新頻度は高くありませんし、

コメレスポンスも遅延気味になるかと思いますが、よろしくお願いします。

2015年度飼育ですが

1月初旬より昇温開始しておりまして、25~26度くらいになるように

ピタリ適温君3個を使っておりました。

2月も中旬に入り 蛹化・蛹・羽化 している仔が出てまいりました。

羽化していたのはメスが1匹。

845-51-02:12月13日=13g→2月14日=羽化51mm

まあまあ平凡な記録です。(苦笑)

2月末ごろには、現在蛹であることが確認できた

オス1匹、メス1匹も羽化すると思われます。

そして3月末ごろには、現在蛹化している数匹が羽化へ向かうでしょう。

4月末までに、全匹羽化へ・・・という予想です。

さて、2016年度の産卵セットですが

今年の早期羽化メス(51mm)と

我が家の種親予定のオス(81.5mm)を

掛け合わせる予定にしているのですが

いまいちヤルキスイッチが・・・・

やはり 最近では 

「オスは、85mmはないとね」

という空気を感じるからでしょうか。

2015年12月20日 (日)

3本目への交換終了

寒いながらも、澄みきった晴天の下、菌糸交換も気持ちよく行えます。(笑)

我が家では3本目交換を終えました。

オス1匹が羽化していました。

記事にしていなった仔の成長度合いは以下通りです。

845-510-02:9月13日=13g→12月13日13g

838-540-02:8月15日=28g→12月19日31g

838-540-08:8月 8日=32g→12月19日32g

838-540-11:8月 8日=23g→12月19日26g

838-540-14:8月22日=26g→12月19日30g

838-540-03:8月 8日=26g→12月20日23g

838-540-10:8月22日=31g→12月20日31g

838-540-05:10月4日=25g→12月19日 羽化75mm

これで、全17匹、

オス11匹→羽化:1匹 35g超:1匹 30g超:6匹 30g未満:3匹

メス 6匹→羽化:2匹 15g未満:4匹

という布陣となりました。

春に向けての目標(希望)は、

・オス85mm×1匹の完品羽化 

・メス52mm×1匹の完品羽化 

です。

メスはともかくオスは難しいかなー。

そして早くも、ピタリ適温君による加温開始をいたします。

2015年12月12日 (土)

オスも3本目交換へ

いやー昨日は風がすごかった。

昨日は大阪では、

「竜巻にご注意ください」なんて案内もでてましたよ。

本日よりオスの3本目交換に入りました。

状況は以下のとおり。

838-540-06:10月 4日=28g→12月12日25g
838-540-09: 8月 8日=32g→12月12日33g
838-540-12: 8月 8日=30g→12月12日35g
838-540-13: 8月22日=26g→12月12日32g

暴れにより4本目交換となった1匹を除けば皆30gオーバーです。

どこまで大きく羽化してくれるか。楽しみなサイズです。

4月には羽化してほしいので、ピタリ適温君を投入し加温開始しました。

無事に最終コーナーを回ってくれますでしょうか?

2015年12月 6日 (日)

4メスボトル交換 1匹早期羽化・・・

いよいよ冬らしくなってきました。

2週間前に屋外常温(11月22日時点15度位→12月5日時点11度位)

で冬を体感させていましたボトルの一部を屋内に引き上げました。

それでもって、その中のメスボトル3本と、

屋内管理していたメスボトル1本の計4本を交換しました。

1本早期羽化しておりました。(平凡サイズ)残りの3本もほぼ変化なし・・・・

この仔たちは、来週くらいからピタリ適温君による加温開始です。

838-540-01:8月 8日=15g→12月6日14g
845-51-01 :9月13日=14g→12月6日13g
845-51-03 :9月13日=13g→12月6日14g
838-540-01:8月12日=11g→12月6日羽化=46mm

また、11月22日時点ではキャパシティの関係から室内常温管理していた

ボトル数本をさらに屋外常温へ移設しました。

続々と冬体感させておりますが、10度前後の気温は厳しいかなー。

 

2015年11月22日 (日)

冬モードへ そして、今年も早期羽化居ました

 

さて、前回の記事でも書きましたとおり

我が家の幼虫は冬モードへ移行です。

とは言え、キャパシティの都合上、一部にとどまりますが・・・

普段は屋内下駄箱内常温での飼育です。

→11月22日10:00現在 22度程度。

マンションなので外気に左右されにくく、一日を通じて大体同じ温度です。

7匹分だけ 屋外の物置内の発砲ケースへ移動。

151122_101901

151122_101902

→11月22日10:00現在 16~17度程度。

発泡ケースの中とは言え、外気温に連動することでしょう。

12月になると、夜は10~12度程度まで下がるかもしれません。

3本目交換に向けて、3~4週間は冬を体感してもらおうとの試みです。

そんな感じで、ボトルを確認していたら、

羽化しているボトルを発見しました。

838-540-07:8月12日 14g

⇒11月21日羽化確認:51mm

既に体は固まっていますので羽化後1か月は経過してそうです。

来期の種親候補として、55mmの大型メスを保有しているのですが、

それを押しのけて、種親第一候補とすることにしました。

2015年11月21日 (土)

3本目菌糸準備

立冬も既に過ぎ、いよいよ冬本番!と思いきや、

暖冬というよりむしろ残暑??

というほどの暖かい今日です。

そんな中、久々のクワ作業として3本目菌糸ボトルの詰め々々を行いました。

ドルビーさんの、ブナ粗目を使いました。

ブロック1個 4000ccで813円、コストパフォーマンス重視です(笑)

今年は3本目にも添加剤(麦芽)を投入しました。

詰めた結果、

Photo 1400cc×3本 1200cc×5本

 900cc×2本  800cc×1本

 650cc×1本  500cc×1本

計13本 12150cc相当作れました。 

予定より1本ほど少なくなってしまいました。

さて、今年は8月上旬・8月中旬・9月中旬に2本目の交換をしております。

例年はきっちり3カ月で3本目への交換をしておりましたが、

2本目を4~5か月引っ張ることにしました。

12月下旬~1月上旬に3本目交換をした後に加温して、

加温と交換ショックの両面で一気に羽化モードで向かわせる作戦です。

多くの方よりも孵化が早い分(5月上旬)、

羽化も2ケ月程度早くさせようと思います。(メス3月、オス4月)

よって、我が家の幼虫たちはそろそろ冬モードです。

2015年10月 4日 (日)

試金石

ようやく秋めいてきたとは言え、

日差しはまだまだ厳しい今日この頃です。

8月に詰めた菌糸ボトルが2本余っていることもあり、

かなり早いですが、2匹だけ3本目交換を行ってみました。

今期の幼虫たちが、2本目交換時の体重から

どれくらいアップしているかを推し測る試金石の意味もあります。

838-540-05:  8月8日=26g ♂(暴れアリ)

838-540-06:  8月8日=27g ♂(暴れナシ)

さてさて、30gオーバーしてくれていますか・・・・

結果・・・・

・・・

・・・

838-540-05:  26g⇒25g

838-540-06:  27g⇒28g

±1gだけの変動です!!(しかも1匹はマイナス!orz・・・)

うーむ、残りの仔たちの3本目交換時はあまり期待できないか・・・・